« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

晴嵐は?

本日、大雨・・・シトシトと冷たい雨が降っておりますよ・・・。折角の日曜日、こんな天気の休日は、とかく陰鬱な気分に浸ってしまうものです・・・。が、小生は、シコシコ、ネチョネチョ、自室に一人閉じこもって、激しくやっておりましたよ、お祭り機の晴嵐。締切りは、お雛祭りの3月3日・・・焦るううううう!と言う訳で、フロートをブラシで吹いて、墨入れして、艶消し吹いて、何とか此処まで出来ましたああああ。前回の報告の通り、キャノピーの糊移りが致命傷となりました(涙)が、ブラシ塗装の二度目は、皆様からのアドバイスに従い、程良い濃度調整(薄々スケスケ攻撃)で無事に終了。相変わらずのキタニャイ機体でございますが、まあ、ヨシと致しましょうかね・・・だって、楽しく作れたんだもん(^^)/

で、晴嵐は、こんな具合・・・この度、台車は省略。煙草はご愛嬌ということで・・・。

R0010375

R0010380

R0010379

2006年2月18日 (土)

筆おろし

期待と不安に胸を躍らせて、おっかなビックリやってみました・・・そう、エアブラシの筆おろしでございまよ。

が、塗料の濃度調整・ピースの洗浄等、何もかもが初めての経験だったので、あれやこれやと落ち着かず、その利便性を十分味わうまでには至りませんでした。そんでもって、ダマや蜘蛛の糸は出ちゃうし、おまけに空気圧・塗料・塗装面との距離の兼ね合いが中々つかめず、散々な目に遭いました(涙)。パネルラインへのシャドー吹きなんて、夢のまた夢って感じ・・・。経験を積むにしたがって、だんだんとその素晴らしさに目覚めていくんでしょうが、お筆とスプレー缶が妙に恋しく思えてしまった本日の笛吹でございますよ。

で、僕の晴嵐、こんな具合・・・。

R0010344 R0010357

週刊新潮、創刊50周年!

cover 「週刊新潮は、今日発売されました!」・・・夕焼け小焼けのメロディーCMと谷内六郎の表紙絵でお馴染みのこの雑誌、今月で創刊50周年を迎えたそうであります。

「週間新潮」は、読むところのある数少ない週刊誌のひとつだと思っています・・・実は僕、高校時代からのファンなのでありますよ。我国で出版社から初めて出されたこの週刊誌・・・時代が右に振られても、左に振られても、変わらぬ主張を堅持し続けて欲しいものです。桜井よしこの「日本ルネッサンス」と高山正之の「変見自在」は、必読!

ちなみに、巻頭にグラビアを載せるスタイルって、新潮が始めたものだったんだって・・・知ってた?

2006年2月12日 (日)

マズイ悪寒・・・。

あっという間に2月も中旬・・・ご無沙汰でございます。1月下旬から風邪の繰り返しと連日の激務で、フラ・フラ・フラ・フラ・フラダンス~の状態でございました。毎晩、ベッドの中で皆様のブログを徘徊するのが日課と化してしまった小生、気が付けば、一発目のお祭りの締切りが直ぐそこまで迫っているではあ~りませんか!これを終えなければ、パチコンに逝けないざんす~。てな訳で、本日慌てて生産を再開させたのでありますよ。

R0010339

1月下旬の状態がこれ・・・付属デカールのシートベルトは、いただけませんな・・・。

今日は、このコクピットにスミイレをして、士の字まで進めました。でも、そこから先が長~い道程なんですよねえ。雛祭りまで間に合うでしょうか?非常にマズイ悪寒ですよ・・・。

R0010341

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ