« お墓参り・・・。 | トップページ | 海を見てきましたよ! »

2006年3月19日 (日)

お題バトンが、やって来た!

春の到来と共に、今年2本目の「お題バトン」が遣ってまいりましたよ。それも今回は、模型サークル「トライアングル」の重鎮にして、「ブログモデラーズ」シニア部門筆頭(?)のPk.kisimoto様からペロッと廻って来ちゃったのでございます。で、小生もペロッとお返し・・・と思いきや、ムムム・・・中々厄介なお題ではあ~りませんか?近年、脳味噌が流れ出している小生は、頭を抱えて困ったちゃんなのでございます。で、内容は、これ↓

[   ]の中に同じお題を入れるという趣向。
1.本棚やPCに入っている[   ]は?
2.今、妄想している[   ]は?
3.最初に出会った[   ]は?
4.特別な思い入れのある[   ]は?
5.[   ]への愛ゆえに一言物申す!

と言う訳で、色々考えてみても、小生のお頭では、いつになっても名案は浮かんできそうもないので、「えい、やあっ!」と、これまた勢いだけで逝っちゃいますよ(笑)

1.本棚やPCに入っている[搭乗員]は?・・・・・・5歳の頃、あの「トラ!トラ!トラ!」を亡父と観に行ったその日から、小生は日本軍搭乗員になりきってしまったのであります。飛行帽に飛行服・白いマフラー姿の凛々しい搭乗員姿に背筋をゾクゾクさせた衝撃と感動は、今もって忘れることができません。以来、観るもの、読むもの、作るもの、何でもかんでも日本軍機ものでございます。

2.今、妄想している[搭乗員]は?・・・・・・それは、勿論この私、笛吹のことでございます。お笑い下さいますな。小生、今でも年に数回は、飛行服に身を固め、単機で低空飛行している夢を見るのであります。それも不思議なことに毎回同じシーン・・・。昔も今もこれからも、小生の夢は、当時の姿で旧軍機に搭乗することなのだ・・・永遠の夢、まさに妄想ね。

3.最初に出会った[搭乗員]は?・・・・・・実在の搭乗員を初めて深く知ったのは、ご存知「坂井三郎」さんでございます。小学校3年の頃、ふくろう出版社から出ていた「ゼロ戦」という定価290円の空戦記を読んだのが最初。この本、例の「大空のサムライ」を小学生向に書き下ろした作品だったみたい。

4.特別な思い入れのある[搭乗員]は?・・・・・・小生、紳士的な優等生より、破天荒な無頼漢が大好きなんです。自分が結構変り種だからね・・・で、当然この人「赤松貞明」さん!信じがたい逸話が多い変人搭乗員、捻り込みの赤松でございます。

5.[搭乗員]への愛ゆえに一言物申す!・・・・・・搭乗員あってこその航空機。何ゆえ最近の飛行機模型には、搭乗員が付いていないのか?特に72スケールには、その傾向が強いような・・・。小生、非常に悲しい!いかなる名機も、搭乗員が命を吹き込んでこそ、はじめてその役割を果たし得るのであります。タミヤさん、ハセガワさん、どうか72飛行機模型には、カッチョ良い搭乗員フィギュアを必ず付属させて下さいませ。小生は声を大にしてお願いしちゃいますよ!

と言う訳で、そろそろバトンを廻しちゃいましょうかね・・・お次は、勿論あんぐら師匠だああああ!師匠、お願いしま~す!

akamatsu

« お墓参り・・・。 | トップページ | 海を見てきましたよ! »

コメント

う~~ん上手いですな
感心しました。
ふくろうはワシも小4のときに読みましたぞ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107405/9165948

この記事へのトラックバック一覧です: お題バトンが、やって来た!:

« お墓参り・・・。 | トップページ | 海を見てきましたよ! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ