« 決断! | トップページ | フェドセーエフ&モスクワ放送交響楽団 »

2006年5月 4日 (木)

久々の欧州映画

Hp_1

第一次大戦時の膠着状態にある最前線が舞台。戦下のクリスマス・イブに互いに敵対する兵士たちが、クリスマス・キャロルの歌声をきっかけに、塹壕陣地から這い出して歩み寄り、互いに親交を深めたという物語です。軍の正式記録には残されていないとのことですが、ヨーロッパ各地で今も語り継がれる戦場の奇跡だそうです。英独フの3カ国合作であるこの映画、小生大いに期待してました。

で、感想ですが、これもまた何か物足りないと言うか、深みが無いと言うか・・・観終わって、後に残らないというか・・・・綺麗に仕上がり過ぎてるんですよ。塹壕戦の激しさ・惨たらしさというものがあまり伝わって来ない・・・全体的にインパクトが薄いの。だから、この戦場の奇跡が、胸にグッと込み上げてくるような感動的な出来事に映らなったのかもしれません。期待が大きかったせいか、今ひとつという感じでした。

« 決断! | トップページ | フェドセーエフ&モスクワ放送交響楽団 »

コメント

この映画は未見です。
歌声をきっかけに敵対する軍が互いに親交を深める・・・。
日本の「ビルマの竪琴」を思い出してしまいました。
似たような話はどの時代、どの戦線にもあるんですね~。

私はこの連休中は
模型いじりとビデオ三昧でした。
なかでも
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー1・2・3」
連続で観ましたが、話の内容はともかく
当時のジョイ・ウォン。ええオナゴやな~(笑)

部隊長殿
おはようございます!
そう、私も「ビルマの竪琴」の「埴生の宿」の合唱シーンを思い出してました。
が、大きな違いは、ソロで歌っていること・・・。

帰りに本屋へ寄って、内田百閒とカミュの作品を買ってきました。
この連休は、読書かな・・・。
今月あと2本、観に行きたい映画があります。
「プロデューサーズ」と「寝ずの晩」・・・観ました?

結局GWは家に閉じこもりでした(笑)
おかげで所持している映画ビデオ三昧でした。
最近は映画館も足が遠のいています。
久々に映画館に行きたいです。

部隊長殿
映画は見れなくても、模型の方は依然ハイペースではありませんか!
一夜城大会・・・拝見いたしました。
一晩であれだけのジオラマを完成させるなんて凄過ぎです。
映画なんてどうでも良いからガンガン作っちゃって下さい~。

今日嫁はんの要望で遅れに遅れて「ナルニア国物語」を観てきました。
子供も安心して観られる映画でしょうね。
でもどこかで観たことのあるようなお話でした。
う~ん、「ネバーエンディングストーリー」なんか
今作るとああいうふうになるのでしょうか?
ちょっと違うか・・・なんだろう?

シミソ殿
当初の予定に反して、まだ観に行ってないのですよ。
なんか評判が今一つなので、躊躇しているというのが正直な所・・・。
指輪とハリポタの後ですから、インパクトは薄くなってしまいますよね。
やはりこの手の作品は、どうしても似てしまうのでしょうかね?

まだ観ておられないのでなんですが
「ナルニア王国物語」はつまらなくは無いのですが
お勧めするほどのものでも・・・・
見終えた後、嫁と話しましたが
「宣伝の割にはそのあとの話題性が無い、聞かないのもわかる気がするね~。」でした。

スケール感もハリポタには負けているかな・・・。

シミソ殿
この作品でスケール感が乏しいというのは問題ですね!
なるほど・・・どうりで話題に上らないはずだ。
でも二作目の制作が決定したらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107405/9896954

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の欧州映画:

« 決断! | トップページ | フェドセーエフ&モスクワ放送交響楽団 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ