« アストンマーティン完成・・・by息子 | トップページ | 乾坤一擲、真珠湾・・・士の字の巻 »

2010年10月17日 (日)

乾坤一擲、真珠湾! 開始の巻

2101

気が付けば10月も半ば・・・締切りの「一ニ◯八」まで二ヶ月を切ってしまいました。

手が極めて遅い私、そろそろお尻に火が点く頃合いでございます。

9月下旬以来幾度となく着手を試みたものの、その度ごとに腰砕けでございました。理由は言わずと知れた例の出来事・・・我々国民を愚弄し続ける仙石政権の為しように、私の高まるモチベーションは尽く打ち砕かれていたのでございます(涙)。イデオロギーの仕訳け宜しく、マスゴミ共の甚だしい偏向報道にも連日怒髪天を衝く思いでございました(過去形ではない)。

「国家主権の譲渡」を標榜していたミンス党ですので、目に余る一連の売国ぶりは成程合点がゆくものではございますが、政権交代と言うものの真の恐ろしさを改めて思い知らされている昨今でございます・・・以下省略。

で、スタートするに当たり、まずは実機を眺めて、萎んだモチベーションをぷーっと膨らませることにいたしますよ。

しかしながら、48スケールのキットって思いの外大きいですね・・・粗が思い切り目立ちそうな悪寒(困)。

H228_021

H228_007

H228_005

H228_026

H228_004

« アストンマーティン完成・・・by息子 | トップページ | 乾坤一擲、真珠湾・・・士の字の巻 »

コメント

河口湖飛行館の21型ですね~♪

脚庫と脚カバーは機体色で仕上げるのが
正解であります。

青竹色は使わない方がいいです(笑)

ハヤテ殿

えっ、ホント?
私は今の今まで青竹色だと信じておりました。
機体色ということは、明灰白色ですか?
それとも塗装前の無垢のジュラルミン色ですか?

明灰白色でいいです♪

青竹色を使った機体は三菱の初期生産機ぐらいだそうです。

この博物館では機体保護の為あえて塗ったと、
説明してくれました。

ハヤテ殿

真珠湾攻撃当時の機体は、初期生産の範疇かと思っていたのですが、明灰白色でOKなのですね。
了解しました。

中島は青竹、三菱は明灰白色という記事を昨日ネットで読んだのですが、その説も間違いのようですね(笑)。

お!ついに始動ですね!
僕もどうにかBf109G-6が完成し、週末には次の
機体に手をつけるところです(^-^)

がんばって下さい~。

ガオー殿

こんばんは!
メッサー完成しましたか!?
早速見に行きますよ~。
で、次は何を作るのでしょうか?
楽しみ、楽しみ・・・。

PS:TPFコンテスト、零戦22型で入賞は頂きですね。

いよいよ始動ですね。
ハセ48の零戦は脚庫の浅いのを除けば
特に問題もなくスラスラと組めると思います。

※クレオスの新No.56 明灰緑色(中島系)
はビン生だととんでもない色になりますので塗装指示があっても使わないほうが無難です。

シミソ部隊長殿

やっと操縦席を終えました。
確かにキットの合いがよくて組立易いように感じます。72しか弄った事のない私には、部品が大きいことが何よりも有難いです。

今回はタミヤのアクリルの明灰白色で吹いてみるつもりですよ。

知らないうちに始まったか(汗)
しかもコクピットが終っているだと(大汗)
師走の8日なんて、まだまだ先だと思っていたけど
あと50日位しかないんだな(滝汗)
ま、来月から気合を入れよう(笑)

⊥閣下殿

燃料切替えレバー等結構作り込んだのですが、操縦席を胴体につっ込んだら殆ど見えない。
見えないトコロへの労力は、無駄の何モノでもないことを悟りました(笑)。
48初挑戦だし、初心に返って素組で逝くことにしますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107405/49766107

この記事へのトラックバック一覧です: 乾坤一擲、真珠湾! 開始の巻:

« アストンマーティン完成・・・by息子 | トップページ | 乾坤一擲、真珠湾・・・士の字の巻 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ