« 謹賀新年 | トップページ | ハマーH2 by息子 »

2011年1月 4日 (火)

新春親子モデリング!

新春特別企画 「笛吹親子の48戦車モデリング合戦」だ~!!

プラモ歴7ヶ月(自動車5台)でタミヤコンテストに入賞して(させていただいた?)、イイ気になっている中学2年生の我息子、新年早々この父親に闘いを挑んでまいりましたよ!

いつになっても上達しない親父を馬鹿にしてるんですかね、「キットは何でも良いから好きに決めてよ!」だって・・・完全に舐めきってる(怒)

「面倒くせいなあ。」と思いつつ、そこまで言われれば、受けて立つしかございません・・・売られた喧嘩は絶対に買うのが一族の家訓じゃ。その天狗の鼻を根元からへし折ってやろうじゃねえの!

正直言って、正月TV番組も面白くないし、墓参りも初詣も済ませているし、退屈だから「そんならやりましょか?!」ってな軽いノリでOKしました(笑)

と言うわけでスタート♪♪ 

勿論、勝敗は「出来の良さ」だぜ(ニヤリ)

ちなみに、キットはお互いの専門外(?)でストレス無くサクッと進められそうな・・・「タミヤ48戦車」に決定。

親父はコレ「T34」・・・憎き露助野郎だ! 002 息子の方は無謀にもコレ「キングタイガー」・・・おい、塗装どうすんだよ?001

でもって、現在こんな感じで進行中♪

003

サクサク組み立てられたけど、一体ここからどうやって塗れば良いのだ??

親子で頭を抱える1月4日でございます。    004

« 謹賀新年 | トップページ | ハマーH2 by息子 »

コメント

>キングタイガー…
混ぜっ返すと、このポルシェ型砲塔タイプはZimmeritコーティングがあるのが正式(w)。
親子対決ですから、そこまで望むとハンディ付きすぎ?

xjunでーす様

つぃんめりっとコーティングだったのですか?
これは大変だ!
そんなことは一切知らずに湯船で歌ってる息子。
フフフフ(^∇^)馬鹿め!
可哀相だから、そこら辺は勘弁してやりましょうかね。
そういう私もどうしていいか分からんし。

ゲッ、戦車ですか(汗)

これは誰かに作ってもらうのが一番だと私は思ってます(爆)

ハヤテ殿

私もそう思います。
いずれにしてもリタイヤは必至でありましょう…。

オヤジの方が簡単露助戦車では息子が可哀想ですな~(笑)
48シリーズって皇軍戦車が無いんだよね、あれば
T-34など九七式改の餌食にするのだが(爆)

垂直閣下殿

聞く所によると、タミヤの会長が日本陸軍嫌いなので、その手のキットを出さないのだとか…。
小松のブルやクロガネ四起なんかは出しているのにね。変な話…。

親子対決とはうらやましいですね。
うちの場合プラモには見向きもしませんでした。
鉄ちゃんにはなりましたがオヤジのほうが引退してますし(笑)

露助の戦車って塗色が単純なくせに結構難しい気がします。

シミソ部隊長殿

子供の年齢からして、一緒に遊ぶのもそろそろお仕舞いでしょうね。
親父なんて相手にしなくなる日も近いような…そうでなければ困りますが、そうなったら、やはり寂しいでしょうね(笑)

戦車は後にも前にも72スチュアート1つだけ…塗装の良い練習になりそうです。

>単色塗装…
所謂「模型映え」する様に塗るのは難しいです。
墨入れ+グラデーションで各面のメリハリをつけて、あとはガンダムマーカーで傷/錆を描きこんで「間を持たせる」手ですかね。

やっぱり面の広いキングタイガーの方が面倒そう…。

Xjunで~す様

アドバイスありがとうございます。
息子はツインメリットの件以来萎えてしまいって、完全停止状態です(笑)
そういう私も仕事も始まり同様の状態なんですけどね。
前のレスにも書きましたが、戦車は72スケールを1度作ったきりですから素人も同然・・・。
色々塗り重ねて、墨入れ(ウオシング)・ドライブラシと言ったとこですか?
私には傷/錆は出来そうもないような・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107405/50488730

この記事へのトラックバック一覧です: 新春親子モデリング!:

« 謹賀新年 | トップページ | ハマーH2 by息子 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ