« 今日からお休み! | トップページ | 新春親子モデリング! »

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

Fujigennsou_2

新春のお喜びを申し上げます。

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
昨年はお世話になりまして、大変ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

« 今日からお休み! | トップページ | 新春親子モデリング! »

コメント

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします。

今年こそ、民主党打倒に微力ながら全力を尽くす所存であります(笑)
あと憲法もいい加減変えねばいかんですな。

垂直閣下殿

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

国を再生させるには、
①憲法改正
②教育改革
③皇室典範改正
の3点だと思っております。

兎にも角にも、まずはミンスを滅ぼすことでありますな。
小生は皇軍プラモで徹底抗戦することを心に誓いますた(爆)。

明けましておめでとうございます。
どーも、ご無沙汰ばかりで、申し訳ありません(汗)

「祭り」までとは行かなくても、今年はなんか競作しましょう。

本年もよろしくお願いします。

マジリ分隊士殿

おめでとうございます。
(娘さんの分もね!)
本年もよろしくお願いいたします。

で、なにやら「ジェット」などど言う鬼畜言葉が聞こえてきますが・・・。
分隊士殿にメリケン言葉は似合いませぬゾ!
皇軍、皇軍、皇軍機・・・何時でも何処でも皇軍機(爆烈)

笛吹様、さっそく新年のご挨拶をいただきまして、ありがとうございました。こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

弊ブログのコメントレスにも記載させていただきましたが、ご質問の件、お勧めは 1/700 WLのアオシマの最近作の川内型(川内, 神通)やタミヤの多摩. 長良, 鬼怒あたりでしょうか。

5,500噸級巡洋艦は直立した煙突でやや古めかしい艦容に見えますが、船形はいかにも巡洋艦らしいすらりとしたフネなので、「隠れ5,500噸級ファン」も多い事と思います。

近年、艦船モデルの向上に目を細めています。
来月には例の漁船と海自のミサイル艦の抱き合わせキツトまで
限定販売されるとか。

帝国の復活とまではいかなくとも、ミンスは潰れなければなりません。

今年も宜しくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Xjunで~す殿

新年おめでとうございます。

艦船は、過去1隻だけ(それもタミヤの駆逐艦)。
巡洋艦は敷居が高そうなので躊躇しているのですが、
折角の機会ですので、ご貴殿主催のコンペでチャレン
ジしてみようと思ってます。
締切がGWなので何とかなるかな、なんて・・・。


ハヤテ殿

今年もよろしくお願い申し上げます。

えっ、例のチャンコロ漁船が出るのですか?
と言うことは、当然酔っぱらい船長のフィギュア付き?!
銛で串刺しにして、真っ赤に染めてやりましょう!
ギャハハハ!!

ちなみに息子のハマーは、その内アップしますね♪

躍人 殿

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本日から息子と48戦車合戦をスタートしました~♪

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年は何とか完成まで持ち込める数を増やしたいと思っております。

ときに掲示されている画像は
神々しい絵でありますが作られたんですか?

シミソ部隊長殿

本年もよろしくお願い致します!

只今、新年特別企画と称して、息子と48戦車モデリング合戦を開催中です(笑)
景気付けにサクッとカマシテみたいと思ってましたが、早くも塗装で頭を抱えております。
今年は戦車ジオラマに挑戦したいです…!

ちなみに、この写真はネットからの合成画像でございますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107405/50447911

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 今日からお休み! | トップページ | 新春親子モデリング! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ