2010年3月10日 (水)

毎日のお供は・・・。

最近の通勤のお供はSONYのWalkman。息子のipodnanoに触発されて、毛唐嫌いの小生は敢えてこっちを選びました。デザインに好き嫌いがあるかもしれませんが、アプリケーションの利便性や機器の操作性からすれば、小生はSONYの方に軍配を上げてしまいますね。

41cftuzb44l__ss500__2

今までホームや電車の中でイヤホン付けてるオヤジの姿見て小馬鹿にしていた小生、きっと周囲の若い者は同じような印象で小生を眺めていることでしょう(笑)。

で、何を聞いてるかといえば、英会話でも無く、中国語でもありません・・・ロックですよロック。バンド少年だった頃、レコードやテープがすり切れるほど聴きまくった往年の名曲の数々。今のガキンチョどもは、失礼にも当時のロックを「クラシックロック」などと言ってるらしいですが、こちらに言わせれば、50年代後半から80年代前半ぐらいまでのモノが本家本元ですよ!

中一の息子は、ボンジョビだのレディガガだのと騒いでおりますが、小生の方は、やっぱりこういうヤツですね。↓↓

51zdpfypt9l__ss500__3

お陰で、一駅先からの徒歩帰宅も苦にならずに続いております。

本日の体重は82.8㎏でございましたcoldsweats01

2006年6月 3日 (土)

超絶技巧スーパー・アコーディオン・デュオ!

凄い表題でしょ、これ↑。実は、今日行ってきたコンサートのタイトルなのです。アコーディオンと言えば、タンゴが有名ですが、本日は、クラシック・・・それも、たった2台で奏でるオーケストラでございます。

誰もが知るあの楽器を縦横無尽に操りながら、壮大で厚みのある交響曲をたった二人の指で作り上げてしまう・・・その演奏たるや、もの凄い迫力ですよ。編曲の完成度、そしてテクニック・・・まさに「超絶」という言葉に相応しいもの。今までに味わったことのない新たなる大発見とでも申しましょうか、「驚愕の世界」ですね!!しかし、あの色彩感は、一体何なんだろう?

奏者は、クラシック・アコーディオン界をリードするJames Crabb & Geir Draugsvollのお二人でござます。国籍は違えど、ともにデンマーク王立音楽院出身の天才奏者・・・息のピッタリ合った二人の雰囲気からは、兄弟夫婦以上の何か強いもの感じてしまいます。黒装束にスキンヘッドといういでたちも、これまた何とも・・・・。

で、皆様も是非一度お聞き下さいませ・・・ほんと「驚愕の世界」ですよ!

この興奮、小生は、当分冷めそうもありません・・・。

C26d

2006年5月20日 (土)

フェドセーエフ&モスクワ放送交響楽団

Hall_1 ウイーンフィル主席指揮者として有名なフェドセーエフ氏が、その名も高きモスクワ放送交響楽団を率いて日本にやって来ましたよおおお!で、待ちに待った彼らの来日公演に本日行ってまいりました~!場所は、ミューザ川崎・・・小生はサントリーホールとかより此処の方が好きなのだ。

豪放磊落でありながら限りない哀愁を秘めた「ロシア音楽(魂)」・・・この魅力を余すところ無く伝える素晴らしい演奏に、小生はたっぷりと酔いしれてまいりました。最高のコンサートでしたよ、本当に・・・久しぶりに心の底から感動したなあ・・・この感動、より多くの人々に味わって戴きたいですね。ちなみに、明日と23日はサントリーホール・・・今度は、ラフマニノフもやるらしいです。

ああ、もう一度聴きに行きたい・・・CDでは絶対に味わえない感動。やはり、音楽は生に限ります!

で、本日の曲目は、①グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲 ②チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ③ムソグルスキー/組曲「展覧会の絵」・・・お馴染みの名曲!

2005年5月25日 (水)

ジュディオング!

この前、何となくラジオのスイッチを入れたら、ジュディオングさんが出演なさっていたのです。なななんと、来年でデビュー40周年を迎えるのだとか!久しぶりのお声に、しばし時の経つのを忘れて、ウットリしてしまった僕でした。もちろん、かかった曲は、「魅せられて」。

実は、僕、中学生の頃、「隠れジュディオングファン」だったのです・・・。純白のネグリジェ(当時、そう思ってた)を身にまとい、両手を広げて蝶になる・・・あの妖艶な美しいお姿に、純真無垢だった僕は、完全に魅せられてしまったのであります。テレビで初めて出会ったその日から、僕は、ジュディの虜ちゃん。以来、夜のお供は、ジュディオング・・・。自転車に乗っている時も、歩いている時も、マラソンの時も、いつでもどこでも「魅せられて」・・・あなたの中でお眠りし~た~い♪

天皇陛下主催の園遊会で、最前列それもベストポジションでテレビに映る姿に疑問を感じながらも、一人NHKニュースに釘付けになっていたあの頃の自分を思い出します。でも、どうして、いつも各界の大著名人に混ざって、あんなに目立つポジションにいられたのでしょうね?不思議、不思議のナナフシギ~!

鼻歌?そう今でも気が付くと「あなたの中でお眠りし~た~い♪」ですよん・・・あれ、違ったっけ・・・。うひ~!B00005NYNY

2005年5月14日 (土)

怠惰な週末・・・。

最近流行のブログ・・・遅ればせながら始めてみました。

毎日を楽しむための1つの手段になるかな~なんて、気の向くままに

進めてみようと思います。

今日は連休明けの最初の週末・・・お金も使い過ぎたし、天気も良くないし、

家の中で好きな音楽でも聴きながらマッタリした時間を過ごそう・・・。

本日の一枚は・・・Hotel costes 

シリーズ全てを手に入れたいと思う今日この頃です。

ヨーロッパのラウンジ系は、最近優れものが多いと思いませんか?

B00005U0KP

その他のカテゴリー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ