2011年1月21日 (金)

タミヤ48戦車合戦

親子戦車バトル」のお話・・・。

レッドブラウンの下地の上からダークイエロー如雨露吹き。全てを綺麗に覆い隠すカーモデル特有の厚ボテ塗りで途方に暮れる息子チャン。

親父は親父で相変わらずの牛歩戦術。チンチンタラタラ、チンタララ~で遅々として進まず。

親子共々の体たらくでございます。

まあ、そんな訳で「放置プレーで、皆様にはさっさと忘れていただきましょ!」なんて、卑怯な事を考え始めていた私(爆)

Tannk_012

いつまで経っても勝敗の帰趨が見えない状況に呆れ果てたのか、はたまた意気消沈している息子の姿を不憫に思ったのかは分りませんが、天佑神助、アトリエ総統閣下より息子の単色キンタに救いの手が伸べられたのでございます!

チョチョチョっと40分位吹いてくれたのかな?あっという間にドイツ軍3色迷彩の出来上がりでやんすよ。スゲエ~ぞ!!

Tank2_003

あははは、これで一気に「勝負あった!」って感じですかね!?

Tank2_007

ちなみに、何だか知らないけど、我々親子の対決を煽っているのか、TPFのアトリエでは「タミヤ48祭:殴り込み一番星??」が密かに進行しておりましたよ・・・(遠い目)

2011年1月17日 (月)

アトリエのご紹介!

この正月から息子をダシにお邪魔し始めたTFP(タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店)アトリエ

塗装ブースもあるし、工具も塗料も何でも貸してくれるので、マダムの顔色見ながら家で弄っているよりはるかに気分が良い。

それに、何と言っても同好の諸氏が沢山来ているので、ワイワイガヤガヤとても楽しい・・・。

手ぶらでフラッと来て、そこのショップでキットを買って、即アトリエでモデリングなんてのもOKだしね。

2,000円で会員になれば、一日何時間いても1,000円しかかからないし、結構安上がりな休日の過ごし方ができるのも魅力・・・。

巨大ショッピングモール「トレッサ横浜」の1階にあるので、近くに来た際には買い物ついでに一度覗いてみてはいかが?

ちなみに、TPF新橋店にはアトリエは併設してないそうです。

O0800045010877333899

O0640048010986355267

模型合宿に参加する旧トピ連の皆の衆の気持ちが解るような気がしる・・・。

2011年1月10日 (月)

ハマーH2 by息子

昨年、息子がハヤテ殿の作品に触発されて取り寄せたレベルのハマー・・・本日完成の報告を受けましたので、お知らせを兼ねてアップいたします。

外面塗装はソリッドの山吹色、内装は茶色のレザー仕様・・・納得の出来だと申しておりますが、カーモデル門外漢の小生にはよくわかりません。ただ、インパネ周りはキッチリ塗分されておりましたな。

ちなみにワイパーを紛失したことは内緒だそうです・・・。

05

03_2

01_2

車も良いけど、父さんとの戦車合戦の方はどうなっているのだ??

Automodel01_013

2011年1月 4日 (火)

新春親子モデリング!

新春特別企画 「笛吹親子の48戦車モデリング合戦」だ~!!

プラモ歴7ヶ月(自動車5台)でタミヤコンテストに入賞して(させていただいた?)、イイ気になっている中学2年生の我息子、新年早々この父親に闘いを挑んでまいりましたよ!

いつになっても上達しない親父を馬鹿にしてるんですかね、「キットは何でも良いから好きに決めてよ!」だって・・・完全に舐めきってる(怒)

「面倒くせいなあ。」と思いつつ、そこまで言われれば、受けて立つしかございません・・・売られた喧嘩は絶対に買うのが一族の家訓じゃ。その天狗の鼻を根元からへし折ってやろうじゃねえの!

正直言って、正月TV番組も面白くないし、墓参りも初詣も済ませているし、退屈だから「そんならやりましょか?!」ってな軽いノリでOKしました(笑)

と言うわけでスタート♪♪ 

勿論、勝敗は「出来の良さ」だぜ(ニヤリ)

ちなみに、キットはお互いの専門外(?)でストレス無くサクッと進められそうな・・・「タミヤ48戦車」に決定。

親父はコレ「T34」・・・憎き露助野郎だ! 002 息子の方は無謀にもコレ「キングタイガー」・・・おい、塗装どうすんだよ?001

でもって、現在こんな感じで進行中♪

003

サクサク組み立てられたけど、一体ここからどうやって塗れば良いのだ??

親子で頭を抱える1月4日でございます。    004

2010年11月25日 (木)

乾坤一擲 真珠湾! 零戦21型 完成の巻

赤城戦闘機隊 第一次攻撃隊 制空隊 第一小隊 二番機 平野一飛曹乗機「AⅠ-154号」であります。

ブレーキパイプ無し、アンテナ線無しの素組み。

一応、尾翼番号と機体仕様表示以外は塗装しました。(おっと、ポチもデカールだったな・・・。)

当時、整備員は揺れる母艦格納庫内でオイル一滴・煤ひとつ残らぬよう、機体をピッカピカに磨き上げていたとか・・・でもね、そんなピカピカの機体なんて、小生には出来っこない。

と言う訳で、ご覧の通りの汚れた零戦と相成りました。

「攻撃を終えて無事に『赤城』に帰投した姿をイメージしました!」なんて、ミンス党ばりに苦し紛れの言い訳をカマしてみますよ(笑)。

48スケール初挑戦の小生、図面に描かれているようなパネルラインを一度やってみたかったのですが、如何でございましょう??

「風防」以外は、そこそこイイ線逝ってると思うんですがねえ♪♪

今年もあと1ヶ月・・・もうイッチョ作れるかな?

Zero21_001_2

Zero21_005

Zero21_003

Zero21_004_2

2010年11月12日 (金)

乾坤一擲、真珠湾! 日の丸は美しいの巻

2106

このお祭りの為に準備したサークルカッターでお約束の日の丸塗装です。予め96艦戦で練習済みだったこともあり、機体色の混入も無く、この通り大成功であります。

第一航空艦隊1番艦「赤城」の胴体帯もマズマズの出来でしょう・・・と自己満足。

真っ赤な日の丸を入れてこそ日本機。やはり、この明灰白色が一番映えますね。

懸案の機体色もお袋の一言に煽られて、またまた白をタップリ混ぜて再塗装を施し、ようやく満足な色合いに落ち着きました。

小物の塗装も概ね完了・・・完成に向けて粛々と進めておりま~す!

ちなみに、キャノピーに手を付けていないことは内緒だ・・・。

2010年11月 6日 (土)

乾坤一擲、真珠湾! 機体塗装の巻

機体塗装を終えた所です。

タミヤアクリルのXF-12明灰白色でありますが、ご覧の通り明灰緑色に見えてしまうのは気のせいでしょうか?これでも大分白を混ぜて二度程塗り直しをしたのですけどね。

これ以上重ね塗りを続けるとモールドが消えてしまいそうなので、お終いにします。

一晩寝かして、いよいよ明日、日の丸と胴体帯のマスキングを剥がします。機体色が浸入していないことを祈りますよ。

さてと、今夜は、車輪とアンテナでも塗るかな・・・。

明日は、タミヤプラモデルファクトリーのモデラーズコンテスト表彰式。息子のワーゲンビートルがジュニア賞を受賞したらしいので、ちょっくら見てきます。

2103

2010年10月27日 (水)

乾坤一擲、真珠湾・・・士の字の巻

皆様のブログにお邪魔して調子の良いコメントばかり残している私・・・「掛け声ばかりで一向に進まねえじゃん!」なんて影口を叩かれていそうなので、この辺で一度アップしておきますよ。相変わらずのノロノロですが、一応やっておりんす。

で、今のところ、所謂「士の字」というヤツ。

72しか弄ったことのない私には、随分と大きく間が抜けた感じに見えてしまう48スケールでございます。と同時に、粗が目立って、己の未熟さが一段と際立ってしまう恐ろしきサイズに思えてしまう・・・正直、怖じ気付いております。

これじゃ、誤魔化しが効かないじゃん。やっぱ、72の零戦にすれば良かったかな(後悔)。

と言う訳でピンぼけアップ・・・。

2102_002

2102_004

2010年10月17日 (日)

乾坤一擲、真珠湾! 開始の巻

2101

気が付けば10月も半ば・・・締切りの「一ニ◯八」まで二ヶ月を切ってしまいました。

手が極めて遅い私、そろそろお尻に火が点く頃合いでございます。

9月下旬以来幾度となく着手を試みたものの、その度ごとに腰砕けでございました。理由は言わずと知れた例の出来事・・・我々国民を愚弄し続ける仙石政権の為しように、私の高まるモチベーションは尽く打ち砕かれていたのでございます(涙)。イデオロギーの仕訳け宜しく、マスゴミ共の甚だしい偏向報道にも連日怒髪天を衝く思いでございました(過去形ではない)。

「国家主権の譲渡」を標榜していたミンス党ですので、目に余る一連の売国ぶりは成程合点がゆくものではございますが、政権交代と言うものの真の恐ろしさを改めて思い知らされている昨今でございます・・・以下省略。

で、スタートするに当たり、まずは実機を眺めて、萎んだモチベーションをぷーっと膨らませることにいたしますよ。

しかしながら、48スケールのキットって思いの外大きいですね・・・粗が思い切り目立ちそうな悪寒(困)。

H228_021

H228_007

H228_005

H228_026

H228_004

2010年9月26日 (日)

アストンマーティン完成・・・by息子

親父がヒコーキ1機完成させる間に、息子の方は2台目の自動車を完成させておりました。

タミヤプラモデルファクトリーで模型にハマってしまった息子の生産意欲は、留まるところをしりません。

趣味というものが見つかって、以前に比べて却って勉強や部活にも身が入るようになったようで、親としては喜ばしいことですな。本人も充実した時間を過ごせるようになったと、毎日生き生きと生活しております。

で、将来の目標は「ハヤテ殿」だそうです・・・。

Aut01_007

Aut01_008

Aut01_009

Aut01_011

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ