2006年9月 3日 (日)

頑張れNikon!

テレビを観ていたら、キムタクが一眼レフカメラのCMに出ていました。おやおや、Nikonじゃありませんか!そう、D80という新型デジのCMです。Catch_01

そう言えば、最近のNikon、C社に押し捲られているような気がします・・・。今年始めには、経営の大転換を図るべく、本家「銀塩カメラ事業」の大幅縮小を断行し、我々を仰天・悲嘆させました(ミノルタのカメラ事業撤退も驚き・・・)。

でもね、小生の気持ちの中では、「一眼レフの本家本元」・「カメラの王様」と言えば、やっぱりNikonなの・・・一昔前までは、世界中のプロカメラマンが、こぞってNikonのFシリーズを使ってました。一眼レフのスタンダード、そしてカメラ小僧の憧れがNikonであったと言っても過言ではありません。それが、昨今のデジタル化のうねりと景気低迷の下で業界の構図が変わり、残念ながら同社は、苦境に立たされる結果となってしまいました。

しかしながら、過去、日本が精密機械大国として世界に冠たる地位を築いた背景には、一つに、このNikonの一眼レフカメラの存在があったことを忘れてはならないのであります。

シャープでカチッとした独特の写りは、Nikonならではの世界・・・小生は、やっぱりNikonが大好きなのであります。ソニーとパナソニックの登場で一層激化が予想されるデジ一眼市場ではありますが、是非とも巻き返して欲しい・・・と、声を大にしてエールを送りますよ。

銀塩カメラ時代の終焉を予想させる富士フィルムの「当面は、フィルムを生産します!」と言う発言を寂しく思う今日この頃でございます。

その他のカテゴリー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ヒコーキ模型

  • 零戦21型
    見よう見真似で始めた飛行機模型。テクも無ければスキルも無し・・・気まぐれオヤジのお気楽弄りで御座います。 日本は、その昔、航空機大国・・・世界に冠たる多くの名機を輩出していたのです。
無料ブログはココログ